hisanagakun’s diary

楽しく学んで、楽しく稼ぐ!うそは書きませんがあくまでも私感です。

アフガニスタン 暴行されるジャーナリスト

アフガニスタンのジャーナリストが、女性の権利に関するデモを取材した際にタリバンから受けたと語る殴打の様子を撮影した写真が話題に。

PCR検査なら【ピカパカPCRクイック検査センター】  

f:id:hisanagakun:20210910064135p:plain

命があっただけでもよかったが、ひどすぎる。

アフガニスタンのジャーナリスト2名が、水曜日にタリバンの戦闘員から残忍な暴行を受けたと発表しました。

彼らは、カブールでの女性の権利に関する抗議活動を取材した後に拘束されたと言います。

今週、さまざまな報道機関の複数のジャーナリストがタリバンに拘束された。

詳しくはInsiderのビジネスページをご覧ください。

アフガニスタンのEtilaatroz新聞に勤務するジャーナリストは、カブールでのデモを取材した後、タリバンの戦闘員に拘束され、残忍な暴行を受けたと述べました。

写真家のNematullah Naqdi氏と記者のTaqi Daryabi氏は、水曜日に女性の権利を主張するデモを取材していたところ、逮捕され、首都の警察署に連行されたとBBCが報じました。

記者たちは、説明もなく釈放される前に、電線や鞭、警棒などで殴られたと語っています。

タリバンの一人が私の頭に足を乗せて、私の顔をコンクリートに押し付けました。彼らは私の頭を蹴った」とNaqdiはAFPに語った。続けて「"殺されると思った "と言っていた。

AFP通信によると、なぜ殴られているのかと尋ねたナクディに対し、ある戦闘員は「首をはねられなかっただけでも幸運だ」と言ったという。

ダリヤビ氏はAFPの取材に対し、2人は痛みで動けず、最終的に説明もなく解放された際には、武装集団から手のひらを返したような侮辱的な言葉を浴びせられたと語った。

The Telegraph紙は、記者たちは殴られている間に少なくとも4回は意識を失ったと報じています。

 

インディペンデント紙によると、ナクディとダリヤビの両名は、背中と顔に怪我をして病院で治療を受けたとのことです。

AFP通信によると、ナクディ氏は、タリバンの戦闘員が携帯電話でデモの様子を撮影していた人々を逮捕したと述べています。BBCによると、同社のジャーナリストなどが水曜日にカブールで撮影を阻止されたという。

世界の報道の自由を推進する米国の非政府組織であるCommittee to Protect Journalistsは2日、声明を発表し、タリバンがジャーナリストの逮捕をやめ、報復の恐れなく自由に活動できるようにすることを呼びかけた。

CPJのアジアプログラムコーディネーター、スティーブン・バトラー氏は声明の中で、「タリバンは、アフガニスタンの独立したメディアが自由かつ安全に活動できるようにするという以前の約束が無価値であることをすぐに証明している」と述べています。「タリバンが以前の約束を守り、仕事をしている記者を殴ったり拘束したりするのをやめ、メディアが報復の恐れなく自由に活動できるようにすることを強く求めます」と述べています。

今週初めには、カブールでの抗議活動を取材していた14人のジャーナリストがタリバンに拘束され、その後解放されたが、そのうち少なくとも6人が暴力を受けたと同組織は述べている。

PCR検査なら【ピカパカPCRクイック検査センター】